AGA治療薬のプロペシアが話題

男性型脱毛症AGAの治療薬としてプロペシアが話題になることがあります。

病院で薄毛や抜け毛の問題を相談した場合に処方されることが多い薬のようです。

AGA治療薬のプロペシアが話題

病院が薦めるのだから効果があると思うでしょうが、はたして発毛効果というものはあるのでしょうか。

そもそもこの薬、保険適用外ということですからお金がかかってしまうわけです。

だとしたら本当に効果があるのかということは気になるところでしょう。

しかも、副作用とでも言うのでしょうか、勃起不全になってしまう可能性があるというようなことも言われています。

そのリスクを冒しても試す価値があるのかという問題もあるわけです。

もちろん他の育毛などでも効果のほどは気になるわけです。

安心の育毛剤効果があるものを選びたいと思うのは当然でしょう。

なくなってしまった髪の毛を取り戻したいから育毛剤などを使うわけですからね。

しっかり発毛してくれないようでは、髪の悩みは解決されないわけです。

それはただ髪の毛が薄い状態ということだけではなく、色々な面でマイナスに働くことにもなるわけです。

何らかのリスクと引き換えに発毛を手に入れられるとしたら、それでもトライすべきかということは問題でしょう。

確実に効果があるとはわからない場合、それは大きな挑戦となるわけです。


プロペシアが効かなくなる時期は?

プロペシアの効果を実感できるのは、継続して長期間服用することです。

しかし、医薬品を継続して服用する際に気になるのが耐性です。

プロペシアが効かなくなる時期は?

耐性とは、人体が自然に学習して効きにくくなることですね。

これは医薬品だけでなく食べ物でもそうです。

ニンニクを食べ慣れていない人は血行が良くなるのを実感できますが、食べ慣れているとあまり気にならなくなります。

では、プロペシアはどれくらい継続して服用すると耐性がつくのでしょうか?

海外で出された臨床結果では、少なくとも五年間は継続してもプロペシアの効果は認められたとのことです。

なお、国内における長期投与治験では、三年間は有効性と安全性が保証できるという報告がなされています。

ですので、最も長い期間をかけた海外の医学的データを参考にすると、五年以内に効かなくなってしまうということは、まずありえないということでしょうか。

データはデータなので、やはり実際に服用している人の声が気になるところですが、個人差が大きいようです。

何年も飲んでいるが効果が薄れた感覚はないという人もいれば、飲み始めに比べて効果がなくなってきている気がするという人もいます。

プロペシアに限らず、医薬品はその人の体質によって効果が異なります。

ただ、服用を始めて数ヶ月で耐性がつくようなことはないのは確かなようですね。


プロペシアにも副作用はある

現在、プロペシアに優る育毛、抜け毛防止薬はないと言われていますが、副作用もあります。

医薬品とは、副作用よりも有効な作用の方が多いもののことですから、風邪薬などで眠気をもよおすのと同じく、共通することなのです。

ですから、いくら育毛に効果があるからといっても、服用量を増やしたりすることは避けるべきです。

では、臨床結果や使用者から報告されている具体的なプロペシアの副作用を挙げてみたいと思います。

  1. 精力減退
  2. 性欲減退
  3. 勃起不全
  4. 胃の不快感
  5. 下痢
  6. 頭痛
  7. 動悸や息切れ
  8. 頭皮のかゆみ

プロペシアは発毛を阻害する男性ホルモンの過剰生成を抑える仕組みがありますから、勃起不全や性欲減退といった男性機能に関わる副作用が多くあらわれるようです。

ただ、プロペシアの副作用は、他の医薬品に比べ軽度かつ発症率が低いので、あまり神経質になることもないでしょう。

副作用は軽度とはいえ、禁忌もありますから、その点も知っておきましょう。

未成年者や女性は使用しないでください。

発症例は少ないのですが、重篤な肝機能障害が副作用として報告されています。

成長過程にある未成年者が服用した場合、肝臓の代謝が追いつかず、発症率が高くなる可能性があるからです。

女性は、妊婦の方は特に使用してはいけません。

分泌量が異なるだけで、男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンは分泌されます。

ホルモンの分泌、生成に影響する成分を摂取してしまうと、生殖機能に異常のある乳児が生まれる危険性があると言われています。


Copyright(c) 2014 WWW.TWISTLITERARY.COM All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com